”Wes Audio ng500 Series 2020“販売店 展示ツアーin Power Rec.開催中!(~3月15日まで)

「Wes Audio ng500 Series 2020」販売店 展示ツアー開催!

プラグイン・コントロールが可能なアナログEQ/コンプレッサーとして注目されているWes Audio ng500シリーズを、全国のプロオーディオショップで展示するツアー「Wes Audio ng500 Series 2020」。

Wes Audioは、既に日本国内でも多く導入されている「Beta76」コンプレッサー、Gates STA-Levelタイプのコンプレッサー「Timbre」などのアウトボードから、リコールやオートメーションなどプラグイン・コントロールを行える、アナログ・EQやアナログ・コンプレッサーをラインナップした、現代の音楽制作のニーズにマッチした「ng500シリーズ」を提案し、多くの制作に貢献し続けています。

今回、このng500シリーズの全製品を10スロットフレーム「_TITAN」にマウントして、全国の主要プロオーディオショップにて展示するツアーを開催中!

そして、イケベ楽器店パワーレック6Fでも以下期間にて絶賛開催中です!
ぜひこの機会にお店にお立ち寄りいただき、ng500シリーズの利便性とサウンドをご体感ください。

「Wes Audio ng500 Series 2020」販売店 展示ツアー

■展示期間:~2020年 3月15日(日)

■池部楽器店パワーレック6F 店舗詳細はコチラ

■〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-2 第3富士商事ビル 6F
■TEL:03-5456-8809
■e-mail:power_rec@ikebe.co.jp
■営業時間:11:00~20:00


【ng500について】

プロオーディオ業界に起こったデジタル革命以降も、多くのトップ・エンジニアたちがアナログ機器を使い続けています。それはどんなプラグインやデジタル・プロセッサーよりも、アナログ機器の方が明らかに優れたサウンドを持っているからです。

それでも多くの人はプラグインを使用します。なぜならデジタルはリコール性、オートメーション、セッティングのA/B比較など、使い勝手の面で圧倒的に優れている点が多いからです。しかしながら、サウンド面では常に何か大事なものを失ったような音質に、いつもなってしまいます。

Wes Audioは「ng500(new generation 500)」という解決方法を提案します。

完全なるアナログ機器を、デジタルでコントロールさせることに成功したのです。音声は全くのアナログパスしか通過しません。100%のリッチなアナログ信号です。

しかし、そのコントロールについては全てがデジタル・プロセッサーによるもので、コンピューターのDAW上に立ち上げられたプラグインからGConプロトコルを使い、全てをリモート・コントロール可能なのです。

もちろんDAW上でオートメーションを書き込んだり、設定の全てを保存し、リコールする事もできます。DAWのサイドチェイン機能を利用することもできます。

現在のng500シリーズのラインナップは、以下の5種類のモジュールと10スロットのng500対応フレームになります。

 

▼▼▼▼▼展示機種ラインナップはコチラ▼▼▼▼▼


_CALYPSO

販売価格¥135,000(税抜)

API500モジュールに最適な8ch AD/DAコンバーター

・8ch AD/DAコンバーター(ADAT、24Bit/44.1kHz、48kHz、88.2kHz(SMUX)、96kHz(SMUX))
・IACコネクタを介した_TITANとの完全統合(すべての信号をシャーシとの間でルーティングする必要があります)
・2つ(IN/OUT)のDB25コネクタにより、他社製500シリーズシャーシとの統合が可能


_PROMETHEUS

販売価格¥180,000(税抜)
プラグインからデジタル・リコール可能な、PULTECスタイルのパッシブEQ

・PULTECスタイル、インダクター・ベースのパッシブ・イコライザー設計
・フルアナログのEQデバイス、+24dBものヘッドルームを確保。
・Low ブースト/カット = 20, 30, 60, 100, 120, 250Hz.
・High ブースト = 2, 3, 4, 5, 8, 10, 12, 16 kHz.
・High カット = 4, 8, 12, 20 kHz.
・プラグインから行えるストア&リコール、ハードウェア側のノブからフィジカルに書き込めるオートメーションなどの快適な操作性に対応
・ステレオ /デュアル・モノ / Mid-Sideの3タイプのモードを搭載。
・A/Bセッティング切替、THD機能(サチュレーション・モード、2段階)装備


_HYPERION

販売価格¥180,000(税抜)
プラグインからデジタル・リコール可能な、ハードウェアの4バンド/3モード(ステレオ/デュアルモノ/MS)アナログ・パラメトリックEQ

・プラグインから行えるストア&リコール、ハードウェア側のノブからフィジカルに書き込めるオートメーションなどの快適な操作性に対応
・フルアナログのEQデバイス、+24dBものヘッドルームを確保。18個のVCAを各チャンネルに配した革新的なデザインが、ノイズレスで音楽的なイコライジングを可能にする
・4バンドEQ(5dbまたは15dBのブースト/カット・レンジ切替)
・ステレオ /デュアル・モノ / Mid-Sideの3タイプのモードを搭載
・A/Bセッティング切替、可変HPF、THD機能(サチュレーション・モード、2段階)装備


_DIONE

販売価格¥160,000(税抜)
プラグインからデジタル・コントロール可能なSSL BUSコンプを再現したコンプレッサー

・プラグインから行えるストア&リコール、ハードウェア側のノブからフィジカルに書き込めるオートメーションなどの快適な操作性に対応
・BUSコンプレッサー・デザイン
・MIXコントロールによりパラレル・コンプレッションに対応
・デジタル・サイドチェイン(DAW上のプラグインから信号を送信可能)装備
・A/Bセッティング切替、THD機能(サチュレーション・モード、2段階)装備


_MIMAS

販売価格¥135,000(税抜)
プラグインからデジタル・コントロール可能なUrei 1176スタイルのアナログ・コンプレッサー

・プラグインから行えるストア&リコール、ハードウェア側のノブからフィジカルに書き込めるオートメーションなどの快適な操作性に対応
・Urei 1176LNタイプ
・デジタル・サイドチェイン(DAW上のプラグインから信号を送信可能)装備
・A/Bセッティング切替、THD機能(サチュレーション・モード、2段階)装備


_TITAN

販売価格¥145,000(税抜)
USB/LAN端子を装備する”ng500″フル対応の高品位 API500用10スロット・ラック

・GConコンパチブルのフレーム構造により、複数(最大10モジュール)のng500対応のAPI500モジュールとのコミュニケートを1本のUSBまたはLANケーブル経由で実現
・GConプロトコルをサポートするモジュール同士(_Mimas、_Dioneなど)のステレオ・リンクをLinkボタンで設定可能
・リモート・ファームウェアー・アップグレードに対応し、WesAudio ng500モジュールは、USB、またはイーサネット経由でファームウェアーのアップデートが容易
・10ch x XLR入出力
・5Aの安定した大容量電源を供給するリニア外部電源仕様


Wes Audioの『ng500 Series』が一堂に会するこの特別な機会に、

是非パワーレック6F店頭にて実機をチェックの上、導入をご検討下さいませ!

■展示期間:2月29日(土) ~ 3月15日(日)

■池部楽器店パワーレック6F 店舗詳細はコチラ

■〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-2 第3富士商事ビル 6F
■TEL:03-5456-8809
■e-mail:power_rec@ikebe.co.jp
■営業時間:11:00~20:00

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
PCで音楽するなら必需品!イケベは『KOMPLETE 12』シリーズを大プッシュします!
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP