楽器のイケベの『InterBEE2016・音響機器レポート!』~その3 マイク編

InterBEE2016、会場入り口エリアに人だかり・・・
8k_sumo_1
↓ 大相撲中継でした!
8k_sumo_2
↑ なんと、8Kでのリアルタイム中継放送!
大銀杏までくっきり!
それにしても、流石“8K”、この集客率!
と思っていたら、勝敗決まる度に「あぁ~」とどよめいてました(笑)←シンプルに相撲観戦?(笑)

InterBEEは、“放送機器展”と呼ばれるだけに、映像関連機器のブースが沢山!
“8K”“ドローン”“3D” etc.etc.
dji_phantom4
そして、先日、音響機器専門誌でも特集が組まれていました“VR”
こちら、音響機器会場、老舗、SENNHEISER(ゼンハイザー)のブースに・・・
ambeo_sennheiser_vr_mic_banner
『AMBEO VR MIC』
ambeo_sennheiser_vr_mic_2
日本初上陸!4つのカプセルを持つVRマイクです!
ambeo_sennheiser_vr_mic_1
会場では、実際に『AMBEO VR MIC』で音声収録されたVRプログラムを VRゴーグル&ゼンハイ・ヘッドホンで試聴可能に!
amber_sennheiser_w_vr
試聴機内のプログラムでは、グランドピアノに向かう女性によるピアノ演奏が。
そして、装置を装着したまま顔を後ろを向けると、後ろにまわったピアノから、“後ろにまわり込んだ”ピアノの音が!
仮想空間の映像も凄いのですが(笑)、音声も見事に3D定位しています!
お見せ出来ないところが残念!(笑)

こちらの『AMBEO VR MIC』は、4つのe914ベースのマイクカプセルから、4つのアナログ信号を出力(A-Format)。
ambeo_sennheiser_vr_mic_head
こちらをソフトウェアの『AMBEO A-B Format Converter』で「B-Format」=3次元方向の信号へデジタル変換します。
ambeo_sennheiser_vr_mic_pop

※なお、実際の『AMBEO VR MIC』のご利用時は、上記マイク画像中に見えているマイクグリルを装着します。(装着されている画像がございません。申し訳ございません!)

発売時期・・・未定!
価格・・・未定!←ですが、素直にe914*4本ぐらいか?との予測も!

そして、同じくSENNHEISERブースには、

見慣れたゼンハイ・マイク群。。。
mk4_handmic_digital_sennheiser
に、Apogeeロゴ
mk4_digital_sennheiser_2
新製品『MK4 digital』、Apogeeインサイド!
mk4_digital_sennheiser_3
こちらのハンドマイクにも・・・
handmic_digital_sennheiser_2
USB!
handmic_digital_sennheiser_1
e835ベースのハンド型USBマイク、『Handmic digital』
handmic_digital_sennheiser_3
もちろんApogee入っています!

ゼンハイ、もうひとつ!
この未確認物体系のシェイプを持つ、“でも、やっぱりマイク風”なこのアイテム。
mke440_sennheiser
カメラに装着!
mke440_sennheiser_w_camera
なんと、“ステレオ・ショットガン”・マイクロフォン for カメラ、『MKE 440』
ステレオでショットガン!
このサイズ感!
これは重宝しそうですね!

ブース変わりまして、
日本の業務用マイク・メーカーといえば!
『SANKEN (三研マイクロホン)』
co100k_sanken
あの“100kHz”マイク、CO-100K等、突出した技術力で世界をリードする日本製マイクロフォン!
そして、この新製品!
『SANKEN / CU-51』、2wayカプセル・マイクロフォン!
cu51_sanken_2way
高域用と低域用、2つのカプセルが入ってます!
あまりの独創性で驚きをもって迎えられた上位モデルの2wayマイク『CU-41』の登場から数年の時を経て、
「もう少し購入しやすい価格で2wayマイクを」
というコンセプトで製作された2wayカプセルマイク、『CU-51』!
『CU-41』が税別260,000円の価格設定に対して、新登場の『CU-51』は税別178,000円の設定!
うんうん、いいですね!

こちらも老舗、『beyerdynamic』
beyerdynamic_mics
意外に知られていない、TGシリーズのドラム用マイクを実装展示!
tg_drum_beyerdynamic_1
tg_drum_beyerdynamic_2
安定の高品位サウンドもさることながら、この独自構造のクリップ、そしてグース具合、相当イケてます!
パワーレック店頭でもご確認頂けますよ!

こちらは、ずらりと並んだ『Earthworks』
earthworks
何気に“日本限定カラー”品の新色が並んでます!が、保護色になってて、ちょっと目立ってないですね(笑)

こちらの“の”ブースは、ご存知『DPA』
dpa_interbee2016
楽器用マイク界で、ここ日本でも大きくシェアを伸ばす『d:Vote』シリーズ
d_vote_dpa_interbee2016
こちらは、新発売のd:voteシリーズ用“SAX向け”アタッチメント!
for_sax_dvote_dpa
元々ラインナップされているバネ式ラバータイプとは異なる、「ワニ口クリップタイプ」です!
SAX以外にも、マルチでご利用頂けそうですね!

そして、こちらも先頃リリースされた、楽器用マイク・アタッチメント!
dpa_w_arm_attch
なんと・・・
mmpgs_gsm4000_2006_dpa_1
mmpgs_gsm4000_2006_dpa_2
mmpgs_gsm4000_2006_dpa_3
2000シリーズ、4000シリーズの“ザ・DPA”カプセルを装着できる、楽器用マイク・システムです!
ご覧頂いているセットは、先の『d:Vote』シリーズ同様のグースネック・システムに2006カプセルを装着!
こちらに、『d:Vote』シリーズと共用の各楽器用取り付けアタッチメントをご利用頂けます!
つまり、いろんな楽器に“あの”40064011カプセルをセット出来ると!!!!
凄いコトになってます!
こちらは既に日本でも発売中!
ワンランク、いや、ツーランク上の音質アップグレードを図りたいプレイヤーの皆さん、是非、ご相談下さい!

 

InterBEE2016レポート、まだ続きます!

おすすめ厳選情報はこちら>>

SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
3月25日(月)Steinberg CUBASE相談所
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
PCで音楽するなら必需品!イケベは『KOMPLETE 12』シリーズを大プッシュします!
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP