KAWAI CA58,MP11SE,MP7SEの製品発表会に行ってきました!!

こんにちは!鍵盤堂の佐藤です。

 

先日KAWAIの新製品発表会へ行って参りました!

 

今回新製品として発表されたのはデジタルピアノ 『CA58』とステージピアノの『MP11SE』『MP7SE』の3つです。

 

まずはCA58についてです。

CA58はCAシリーズの中でもフラッグシップモデル「CA98」「CA78」とスタンダードモデル「CA48」の中間のモデルとして新しく登場しました!

 

では主な特徴をご紹介します。

 

「KAWAI CA58」

選べる2つのカラーバリエーション

 

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562789

 

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562788

 

◎最上位機種にも搭載されているピアノ音源を搭載!

KAWAIのフラッグシップモデルの『Shigeru Kawai』というグランドピアノの最上位機種のフルコンサートピアノ『SK-EX』とショパンコンクールなどにも採用されたフルコンサートピアノ『EX』の音色が搭載されています。「Hi-XL音源」は、ピアニッシモからフォルテッシモまで微細な強弱を数段階に分けてスムーズに変化させることで、よりグランドピアノのサウンドに近づけた本格的な音源方式です。演奏のスタイルに合わせて、よりバリエーション豊かに選べるようになったので、表現の幅が広がりますね♪

 

◎より多いスピーカーで充実のサウンド

スピーカーはこの価格帯では2スピーカーシステムがポピュラーな中、CA58は4スピーカーシステムが搭載されています!すごいですね。低中音スピーカー➕高音専用スピーカーでグランドピアノの繊細な音色が表現されています!

◎シーソー式木製鍵盤グランド・フィール・スタンダード・アクション搭載

カワイでお馴染みのシーソー式木製鍵盤グランド・フィール・スタンダードアクションを搭載。CA48のスタンダードモデルで好評のタッチで滑らかで弾き心地の良いタッチを実現しています。これまでの鍵盤より支点距離が長くなっていて、鍵盤の奥側で弾いてもタッチが変わらないようになっています。

 

会場では実際にピアニストの園谷綾乃さんがCA58を使用して演奏をされました。

 

演奏をした感想については、『まず音が良く、温かみもありエレガントで、とても煌びやか。タッチもブレがなく、細かいニュアンスも表現できる』とお話しされていました。

 

わたしもCA58に触れ、弾いてみました!

 

 

普段はKAWAIのグランドピアノを弾く機会が多いのですが、CA58で音を出した第一印象は、『KAWAIの音だ!』でした。やはり温かみがあるけれど、しっかりと芯のある音ですね。グランドピアノ以外にアップライトや他にも音色が全体で42音色とたくさん入っているのでいろんなジャンルに合わせて選べますね!

 

モデルの選択肢が増えたことで、お子様のステップアップや大人の練習用にもオススメ出来るので、是非チェックしてみて下さいね。

 

次にMP11SEとMP7SEについてです。

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562790

 

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562791

主な特徴、進化した点をご紹介します!

 

◎ピアノの音色がグレードアップ!

前モデルMP11、MP7の進化版と言うとわかりやすいかもしれません。

 

ちなみに前モデル「MP11」「MP7」はこちら

 

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562652

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562671

具体的にどのあたりがグレードアップされているかと言いますと、まずピアノの音色が増えています。

前モデルに搭載されていたフルコンサートグランド『EX』の音色に加え『Shigeru Kawaiグランドピアノ』の『SK-EX』とミドルサイズグランドピアノの『SK-5』の音色が搭載されました。

 

◎木製サイドパネルのデザインからピアノライクなデザインへ変化

外観も前モデルが木製サイドパネルでカジュアルな印象があったデザインから、よりピアノライクなデザインに変化しました!グランドピアノのようなカーブを描いた腕木でカワイのこだわりを感じられます。

(オールブラック!!)

高級感があって、かっこいいですね~

 

そして、MP11SEには前モデルから引き続き、木製鍵盤のグランドフィールアクションが搭載されています。グランドピアノ同様のシーソー構造と同等の支点距離でよりグランドピアノを再現したタッチ感になっています。

MP7SEには高性能プラスチック鍵盤の『レスポンシブハンマーアクションIII』が搭載されグランドピアノのしっかりした手応えを再現しています。

 

◎新開発のペダル

また、キーボードを演奏するにあたり重要であるペダルもこの度新開発されました!「MP11SE」に同梱されているペダル『GFPー3』はグランドピアノに近い踏み心地を実現した3本構成のペダルです!プレイヤーの意見を反映させたペダルは、より使いやすくなって、しっかりした踏み心地になっていました!

 

 

会場では豪華ゲストが登場!!

幅広いジャンルを網羅したスタイルがかっこいいバンド「ゲスの極み乙女」のキーボーディスト、ちゃんMARIさんがMP11SEを使用して演奏されました!

 

ちゃんMARIさんは演奏してみて『見た目がシャープでかっこいい!弾き心地がとてもよく、実際にバンドの中で音色の切り替えをする時もボタンの操作がしやすい。ペダルも以前はライブ中滑るのが気になっていたけれど改善された、踏み心地も生ピアノにかなり近い!』とお話しされていました。

 

さすが、ちゃんMARIさん、軽やかで時に激しい鍵盤さばきがかっこよくて見とれてしまいました。演奏者の表現力を最大限に生かす、MP11SEの素晴らしさも同時に感じられて素晴らしい演奏でした!

 

わたしも発表会終了後に楽器に触れてみましたが、音色もタッチもリアルでピアノメーカーとしてのこだわりが感じられました。KAWAIらしさがたっぷり詰まっているように感じました!

 

CA58とMP11SE、MP7SEの発売日2月16日金曜日です!

絶賛ご予約受付中!

「KAWAI CA58 A」

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562789

「KAWAI CA58R」

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562788

「KAWAI MP11SE」

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562790

「KAWAI MP7SE」

https://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/562791

おすすめ厳選情報はこちら>>

【世界のミュージックシーンを支えるリーディングカンパニー『Shure(シュア)』から、高音質Bluetoothワイヤレスイヤホン登場。】
【AmpliTube 誕生15周年プロモーション!数量限定特価!】
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
MORRIE レポート2017~そのマイク・セレクト。
【CUBASE相談所】
まいにちMASCHINE!~ MASCHINE STUDIOで覚える曲づくりのきほん~
期間限定!XLN Audioセール! 最大66%OFFの超特価!
Technics SL-1200GR
rekordbox DVS SET
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP