前代未聞の完成度。SHUREイヤホン用Bluetoothワイヤレス・ケーブル新製品『RMCE-BT2』を聴く。

2018年10月26日発売、SHUREイヤホン用ワイヤレスケーブルRMCE-BT2』。

“プレミアム”ワイヤレスイヤホンケーブルと銘打たれたBluetooth5.0対応の同製品。MMCXコネクターの現行SHURE SEイヤホンにご利用頂けます。

さて、同様のMMCXコネクター対応Bluetoothワイヤレスケーブル、既発売のRMCE-BT1との違い。

SHURE独自の設計による、「プレミアムヘッドホンアンプ」の新規搭載。

『RMCE-BT2』の新発売に際し来日したSHURE社シニアプロダクトマネージャー、ショーン・サリバンさんは語ります。

「ワイヤレスイヤホンの“音質”を決める、いわば車の“エンジン”にあたる部分、それが“ヘッドホンアンプ”なのです。」

そこにフォーカスして開発され、生まれて来た新世代ワイヤレスケーブル『RMCE-BT2』

SHUREジャパンのスタッフをして「初めて聴いた時、鳥肌が立って、心が震えた。」といわしめた、その高い完成度。
同スタッフは、「SHUREのエンジニアリングとモノづくりのパッションにすごく誇りを持たせてもらえるような製品。」であるとも表現。

『RMCE-BT2』果たしてそのサウンドは!?
早速、試聴させて頂きました!

まずは、携帯プレイヤーにBluetooth経由で『RMCE-BT2』を接続。

イヤホン部には『SE846』
・・・なるほど、印象として持っている『SE846』のきらめき感のある高い解像度、そこに「ボディ」が加わるイメージです。

さて、気になる比較。
携帯プレイヤーの3.5mm端子経由でワイヤードで聴く『SE846』と、
『RMCE-BT2』経由でワイヤレスで聴く『SE846』、
そのサウンド差は・・・

「ヘッドホンアンプ」の力。

何もケアしていない、素の3.5mm端子出力よりも、『RMCE-BT2』のヘッドホンアンプの質感の方が、明らかに好印象。
ふくよかで濃密。
でもしっかりと、情報が聴こえています。
そう、「音」が、というよりも、「音楽」として、高品位。

『RMCE BT-2』。
それは、無線で、より高い音質の出力が提供される、SHURE『SEシリーズ』ユーザーのみが受け取る事の出来る、前代未聞のアップグレード。

そこには、作ってきた製品を「大切に育てる」SHURE社の姿勢も垣間見えます。
信頼されるブランド、そのゆえん。

SHURE『RMCE-BT2』。
SHURE SEシリーズ・イヤホンを愛用するすべての人々へ。
オススメです!

◆SHURE
RMCE-BT2 (Bluetooth 5.0 ワイヤレスリケーブル)

販売価格¥18,800(税抜)
ショッピングページはこちら>>

関連記事:
【こちらイケベ新製品情報局】SHURE社SE高遮音性イヤホンシリーズ向けに開発されたBluetooth 5.0対応プレミアムワイヤレスイヤホンケーブル『RMCE-BT2』が新登場!

(by S.N.)

おすすめ厳選情報はこちら>>

今でもエンジニアが愛用しているチューブマイクロフォン“U67”が当時の仕様のまま復刻。『NEUMANN U67 Set』
今までで最大の製品バージョンアップ!音楽制作必携の大定番バンドルソフト『NativeInstruments KOMPLETE 12シリーズ』が登場!
エリートクラスコンバーター、HEXAコアDSPを搭載した、Apollo史上最高峰インターフェイス『Univerl Audio Apollo xシリーズ』が登場!
【世界のミュージックシーンを支えるリーディングカンパニー『Shure(シュア)』から、高音質Bluetoothワイヤレスイヤホン登場。】
【AmpliTube 誕生15周年プロモーション!数量限定特価!】
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
MORRIE レポート2017~そのマイク・セレクト。
期間限定!XLN Audioセール! 最大66%OFFの超特価!
Technics SL-1200GR
rekordbox DVS SET
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP