多彩なMIDIコントローラーNektar Technology Aura!【期間限定キャンペーン中!2021年1月末まで】

みなさんこんにちは、パワーレックスタッフYで~す。

みなさんに是非ともご紹介したい逸品がございます!!!

 

それがこちら「Nektar Technology/AURA」です!

 

 

・RGBで好みの色分けが可能な感度の高いパッド

かなり連打できます!反応良好!指ドラムを極めたい方に最適!!

 

 

・各種有名DAW対応のトランスポーズコントロール

Ableton Live

Logic Pro X (Garageband)

Cubase

Digital Performer

Studio One

BITWIG STUDIOなどなど

随時増えていっているようなので詳細はメーカーサイトをご確認ください!

https://hookup.co.jp/products/nektar-technology/aura

 

・ステップシーケンサー機能

PCで音源をたちあげてAuraをステップシーケンサーとして活用するもよし。

MIDIアウトからハードのシンセサイザーに接続して活用するもよし。

自由度の高いパフォーマンスが演出可能!

 

・NektarinソフトによるDAWの壁を超えたプラグイン操作

NektarinソフトをDAW上でプラグインとして立ち上げ、その中でAUやVSTプラグインを起動することが可能なため、VST版でしかない音源をProToolsやLogicで立ち上げることができます!!

 

 

国内正規輸入品限定!デジタルシンセサウンド満載のUVI Digital Synsationsフルバージョンが付属!

普通に買うと$149するので、その分まるまるお得です!

https://www.uvi.net/jp/vintage-corner/digital-synsations.html

 


とまぁ豊富な魅力がわんさかあるわけですが、

パワーレックとして特に注目しているのが付属ソフトのNektarin(ネクタリン)です。

これは同じNektar社のPanoramaシリーズにも付属しているのですが、様々なプラグイン音源ソフトをこのプラグイン上だけで管理することができるのです。

 

例えばドラムキットを自作する際に、キックはBFD3、スネアはEZdrummer2、ハイハットはAddictiveDrums2などなど、所有しているプラグイン音源をつかって自分だけのオリジナルビートキットを作成することが出来ちゃいます!

 

さらにそこには他社製のエフェクトプラグインをインサートすることも可能ですので、コンプレッサーやEQをインサートしたり、FXセンドを使ってリバーブやディレイをかけることも出来ます。

Nektarinで様々な音作りが可能になるのがとても魅力なのです!!

 

 

 

どちらかというとパフォーマンス向けの製品という見方が強いですが、

「自分にしかない音色の追求をするため」にもってこいの逸品だと思います!

 

パッドを探している、DAW操作のコントローラーを探している、音色の幅を広げたい、、、

そんなお考えをお持ちの方へお勧めします!(^^)b


Nektar Technology/Aura

 

商品ページはこちら!!!

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
【DDJ-1000SRT-W |イケベ楽器店】
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP