ちょっと偏った楽器フェア2016レポート(1)

11月4日~6日の間、東京ビッグサイトにて開催中の楽器の祭典「楽器フェア」。

WEB担当スタッフ安藤が2日目の会場に潜入、気になったシンセサイザーを中心にレポート致します!

 

まずはこちら。

korg1

楽器フェアにて初公開、大好評のアナログ4ボイスシンセサイザー「minilogue」のコンセプトをそのままモノフォニックに凝縮した、そのものズバリのネーミングの「monologue」!

korg2

殆どの25鍵キーボードは”C”音からスタートする2オクターブ鍵盤ですが、monologueは真ん中の1オクターブを中心に、上下に約半オクターブづつ付け足した音域設定。実際に様々なフレーズを弾いてみると、この実用性の高さを実感頂けるかと思います。また鍵盤の形状的に、最低音は”C”以外の場合は”F”とするのが自然ですが、monologueはあえて”E”。ギター&ベースの解放弦に合わせた、バンドでのアンサンブルも考慮されている仕様という訳ですね!

korg3

シンプル&的確なコントロールパネルはとりあえずマニュアルを見ないでも簡単に音作りが可能です。エンベロープのパラメーターの纏め方は素晴らしいですね。オシロスコープとして波形を表示する楽しいディスプレイもminilogue譲り。

本当にコンパクトな筐体に、カラフルな5色展開。これは欲しくなります!

monologue_1■KORG monologue

 

そしてコチラも国内初公開ではないでしょうか。

korg8

■Arturia MATIXBRUTE

キタコレ。立ち上がるパネル、ズラリと並んだつまみと光りモノは漢のロマン。このルックスだけでご飯三杯はイケますよね。これだけ巨大なシステム故、最初のアナウンスから随分時間が経過しておりますが、ハードウェア、ソフトウェア共にほぼ完成の域に達した模様です。

korg10

ロータリーノブとスライダーを効率よく配置した構成は同社のシンセサイザー譲り。直列/並列で使用できるSteiner-Parkerフィルターとラダー・フィルターがMATRIXBRUTEの基本キャラクターを決定付けています。自然に手が伸びてしまうMaster Cutoffノブはその感触だけでなく、サウンドの追従性も非常に音楽的な印象を受けました。

korg9

その名の由来となる、マトリクスパネル。プリセットのダイレクトな選択、シーケンサーのステップ入力、そして巨大なモジュラーシステムに匹敵する自由度の高いモジュレーションルーティングが、このズラリと並んだボタンで操作できます。上の写真は、モジュレーションホイールからの信号をVCO2のピッチにアサインしてみたところ(ピンクに光っているボタンです)。簡単ですよね。この操作感はまるで現代に蘇ったEMS SYNTHI・・・パッチケーブルの煩わしさも、パラメーター呼び出しの手間も必要なく、複雑な音作りが楽しめるドリーム・マシンです!

まだまだ価格・発売時期は未定とのことですが、楽しみに待ちたい一台ですね!

korg11

待望の、「単体で音が出る」Arturiaのドラムマシン”DRUMBRUTE”もお目見え。ツマミの位置が即、サウンドに反映されるダイレクトさが心地よいアナログ音源回路をステップシーケンサーでコントロール。2系統用意されたキック、ステップ・リピートボタンなど、パターン構築、パフォーマンス共に様々な可能性が見えてきますね。こちらも発売時期、価格共に未定ながら楽しみな一台です!

 

ujiie

JSPA/Synth Fest2016ステージでは、丁度氏家克典さんによるProphet-6及びOB-6のデモンストレーションが行われておりました。現代に蘇ったアナログポリシンセの王道サウンドが素晴らしい解説&演奏で紹介され、会場は熱気に包まれておりました。

 

yamaha1

YAMAHAブースでは、大人気の小型軽量シンセサイザー「MX」シリーズの限定ホワイトカラーモデルが登場!iPad/iPhoneとの組み合わせで音色の拡張や音楽制作も可能、バンドから作曲まで幅広く楽しめるこちらの限定カラーモデルは12月1日発売予定、クリスマスプレゼントにも最適ですね!

 

melodion1

コチラは参考出品のスズキ・木製メロディオン!鍵盤、ボディ、全てウッド!滑らかな手触り、弾き心地に感激!

 

biasamp

パワーレックでも大好評発売中のPositive Grid BIASシリーズも大きな注目を集めております。そのサイズ感、サウンドの良さは勿論のことながら、内部のパーツ・レベルまでカスタマイズできる、マニアックすぎる自由度の高さが人気の秘訣。更に、ストンプボックス形式のBIAS DISTORTION BOXの発売もアナウンス。

端子台とハンダ付けで試行錯誤していた世界がディスプレイ内で楽しめるなんて、ちょっとだけ複雑な気持ちにもなりますね。しかし、こうした微細な部分への拘りが幅広い層に浸透することで、これからのシーンが紡ぎだす音がどう変わって行くのか、楽しみで仕方ありません。

jc22

アンプといえば、Roland JCシリーズのコンパクトモデル「JC-22」が本日発売ですよ!「22」といいつつ充分大きな30W出力、ツインアンプ&スピーカーのJCならではの空間合成コーラスも健在です。入出力も充実しており、レコーディングでも活用できる「丁度いいサイズ」のジャズコーラス!

 

acc1

トンボ楽器ブースでは、鍵盤堂扱いのアコーディオンもズラリと展示中!

acc2

手ぶらでOK、初めてのアコーディオン体験会も同ブースにて開催中!一見難解そうなズラリと並んだ右/左のボタンも、実際弾いてみるとその合理性に目からウロコが落ちるはず。明日日曜日も2回開催致しますので、是非お気軽にご来店ください!

 

ikebe

勿論、毎回恒例のイケベブースも連日大盛況です。今回初お目見えの逸品ギター&ベースがズラリ!

■イケベ楽器 楽器フェア2016特設ページ

talbosf

イケベのギターといえば、TALBO & EVO SECRET FACTORY!当サイトでのレポート&インタビューでもお馴染み、ステルス・メジャーこと平沢進氏の愛器としてもお馴染みですね。

garagekit

会場限定、EVO&TALBOガレージキット&塗装済ギターフィギュア!各日販売分は早い段階で完売してしまいますので、気になる方はお早めにご来場ください!

hirasawa1

おすすめ厳選情報はこちら>>

今でもエンジニアが愛用しているチューブマイクロフォン“U67”が当時の仕様のまま復刻。『NEUMANN U67 Set』
今までで最大の製品バージョンアップ!音楽制作必携の大定番バンドルソフト『NativeInstruments KOMPLETE 12シリーズ』が登場!
エリートクラスコンバーター、HEXAコアDSPを搭載した、Apollo史上最高峰インターフェイス『Univerl Audio Apollo xシリーズ』が登場!
【世界のミュージックシーンを支えるリーディングカンパニー『Shure(シュア)』から、高音質Bluetoothワイヤレスイヤホン登場。】
【AmpliTube 誕生15周年プロモーション!数量限定特価!】
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
MORRIE レポート2017~そのマイク・セレクト。
『IK Multimedia / ARC System 2.5』が期間限定超特価!
期間限定!XLN Audioセール! 最大66%OFFの超特価!
Technics SL-1200GR
rekordbox DVS SET
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP