【再掲載】近藤等則さん機材ストーリー、MORE!! 【その2~ワウ編】 (2013年05月28日)

1948.12.15. – 2020.10.17.
R.I.P. Toshinori Kondo

撮影:2013年6月

本年10月17日に逝かれた近藤等則さん。
近藤さんのトレードマークである、エレクトリック・トランペットのシステム構築において、イケベ楽器店は、特に2000年代以降、マイク、エフェクター、プリアンプ、更にはトランペット本体に至るまで、何かと接点を頂いて参りました。
その思い出を偲んで、2013年度に当社媒体に掲載させて頂いた機材にまつわるインタビュー記事を再掲載させて頂きます。

関連記事>>
追悼:近藤等則さんとの思い出をふりかえる~2000年代の記事一覧


※2013年5月28日記事より再掲載
※イベント情報も当時の告知のまま掲載させて頂きます。

こんにちは!

良い音楽しみ隊、沼田です!

独自のエレクトリック・トランペットのサウンド・システムを構築、理想のサウンドを求め、長いキャリア中、常に切磋琢磨を重ね、更にはPAシステムにまで及ぶ飽くなき音への追求に挑み続ける求道者、トランペッター・近藤等則さん。

前回に引き続き、大反響のインタビュー記事

近藤等則~ライブ機材の現在を語る 2013
その後に連なる続編テキストを近藤さんより頂きました!

今回のテーマは「ワウ」!
近藤等則さんのエレクトリック・トランペットに欠かせないツールである「ワウ」。
近藤さんの求めるワウ・サウンドとは?

今回も、ほぼ原文のまま掲載!
じっくりお楽しみ下さい!

——————————

■ワウについて

ワウはジャズのラッパ吹きが発明した。下水管の詰まりを取る、木の棒の付いたゴムで出来たお椀型の道具がある。そのゴム製のお椀をトランペットのベルの前にあて、閉じたり開いたりして、ウワウワウワとやったのだ。Duke EllingtonのBig Bandを聴くとよくわかる。
ジャズは西洋の楽器を使いながら、西洋クラシック音楽には無い新しい音色と奏法を求めた。
何故か?
理由は簡単。アメリカ黒人にとって、西洋音楽の音色じゃあ自分達の魂を表現出来なかったから。それに面白半分ってのが、ノリの原点。どんな音楽も、それが始まった若かりし頃は何でもやってみる精神に溢れているが、段々固まってルールを作り面白くなくなる。いわゆる、生命力の枯渇ってヤツ。又は権威主義。世の中の不幸はルールを作って威張る奴らが上に立ちたがる事だ。
だから我々はノリを失っちゃあいけない。ファンキーに生きる事だ。
初めて買ったエレキ・ワウは当然のようにCry Babyだった。それも何種類か使ったように記憶している。それから、メーカー名は忘れたが1Uサイズのワウに出会い、しばらく使った。音が太く効きも深かった。「地球を吹く」を演るようになって、更にワウにはまっていった。大自然の中でロングトーンにワウをかけると、空の彼方まで音が拡がってゆく様で気持ちがいい。
只、もっとロウにワウをかけたい、ハイももっと欲しい、と様々なワウを試した。
FulltoneのCLYDEはしばらく使った。ハイの伸び方が好きだった。只ロウが弱い。
『Real MacCoy』は更に気に入った。ある日、アムステルダムで突然『Real MacCoy』が故障した。
明日からツアーだ。2軒隣りの楽器店に駆け込んで、ワウを物色した。シルバーのみた事のないワウが目にとまった。
「1時間だけ貸して。」
部屋に戻ってすぐチェックすると、いいではないか!レンジがひろい。それに切替スイッチで色んな音色が作れる。
Musician Sound Designというメーカーの『Silver Machine』というワウだった。
現在はこれをメインに、イメージによってMORLEYのBad Horsie2を使っている。

近藤等則  2013年5月25日 記

——————————

今回も深~いお話、頂きました!
“ノリを持って、ファンキーに”!
音楽も、生活も、その心意気があればハッピーですね!

近藤さんの次回ライブももうすぐ開催!

——————————

◆響命 ひびきあういのち vol.2

日程:2013年6月11日(火)
時間:Open 18:00 / Start 20:00
料金:予約 ¥3,000 当日 ¥3,500 【ドリンク代別】
席種: 自由席または立見
会場: CAY (スパイラルB1F)
〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23
出演: 【Live】近藤等則 / 山木秀夫 / DJ Sahib with Special Guest

ご予約:≪電話≫ CAY TEL:03-3498-5790

——————————

楽しみです!

続く!
近藤等則さん機材ストーリー、MORE!!! 【その3~エフェクター編】

【関連記事はコチラから】
↓↓↓
近藤等則 ~ ライブ機材の現在を語る 2013
近藤等則さん機材ストーリー、MORE!【その1~プリアンプ編】(2013年5月23日)
近藤等則さん機材ストーリー、MORE!! 【その2~ワウ編】 (2013年05月28日)
近藤等則さん機材ストーリー、MORE!!! 【その3~エフェクター編】(2013年06月04日)

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
【DDJ-1000SRT-W |イケベ楽器店】
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP