追悼:近藤等則さんとの思い出をふりかえる~2000年代の記事一覧

近藤等則
1948年12月15日 – 2020年10月17日

80年代、IMAバンドでお茶の間にまで進出した「フリー」の人。
最晩年の2018年には、遂に、25年ぶりのIMAバンド、『KONDO IMA21』を始動。続けざまに2019年7月、フジロック・フェスティバルへの出演、そして2019年11月に都内で行ったライブを 翌2020年、アルバム『KONDO IMA21 LIVE / Typhoon 19』としてリリース。

そして、パンデミック。
ライブでの演奏を身上とした近藤さんは、お亡くなりになる2日前まで、(無観客の)ライブを行っており、翌日にも大阪でのライブを控えていました。

人生は即興。
ライブでの“生の”演奏を 人々に、地球に届ける事をこよなく愛した近藤さん。

そして、その半生をかけて取り組んだ、前人未踏の「エレクトリック・トランペット」システム。

そのシステム構築において、イケベ楽器店は、特に2000年代以降、マイク、エフェクター、プリアンプ、更にはトランペット本体に至るまで、何かと接点を頂いて参りました。

2000年代の近藤さん、その足跡の一端ともいえる、2013年から始まる不定期な近藤さんのライブ、機材レポート記事群をまとめてみました。

近藤等則 ~ ライブ機材の現在を語る 2013

近藤等則さん機材ストーリー、MORE!【その1~プリアンプ編】(2013年5月23日)

近藤等則さん機材ストーリー、MORE!! 【その2~ワウ編】 (2013年05月28日)

近藤等則さん機材ストーリー、MORE!!! 【その3~エフェクター編】(2013年06月04日)

近藤等則【3DサウンドLIVEレポート 2015】

近藤等則ライブ at HBC Apr.2016 レポート

近藤等則~スタジオ機器レポート2016 (1)

近藤等則~スタジオ機器レポート2016 (2)

近藤等則~スタジオ機器レポート2016 (3)

改めてふり返ると、近藤さんの「前を向き続けた」その行為、言葉は、いまだに躍動感あるエネルギーをもって、新鮮に我々に響きます。

残されたそのサウンドを聴いて頂きつつ、是非、ご一読ください。

R.I.P. Toshinori Kondo 1948.12.15. – 2020.10.17.

(写真:すべて2019年7月23日『KONDO IMA21』ライブにて撮影)

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
【DDJ-1000SRT-W |イケベ楽器店】
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP