DJアプリ「rekordbox 6」の斬新な機能はミュージシャンにもおすすめ!DAWとの融合で実現する最先端の制作環境

ここ数年、音楽のジャンルレス化が加速しています。なかでも、バンドミュージックにダンスミュージックの要素を取り入れた音楽は、多くのオーディエンスに支持されており、今後、最も注目のスタイルと言えそうです。

DJもまた、ミックスだけにとどまらず、エフェクトやサンプラーを駆使した、新たなスタイルへ進化しています。この斬新なスタイルを可能にするのが、Pioneer DJによるDJアプリ「rekordbox 6」です。rekordbox 6には、DJから派生したユニークな機能が豊富に搭載されており、それらを制作の場面に用いることで、よりクリエイティブな楽曲の制作も可能です。

ここでは、ミュージシャンに向けて、rekordbox 6とDAWを融合させた、新しい音楽制作のヒントを提案したいと思います。なお、ここで紹介するrekordbox 6の機能については、”DJのスタンダードアプリ「rekordbox 6」最新機能ガイド” のページで、詳しく紹介しているので、そちらと併せてご覧ください。

目次

 

 

 

 


 

お気に入りの音楽からアイデアを得る

 

音楽を志す者なら誰しも影響を受けたアーティストがいるかと思います。そのようなアーティストの音楽を聴いて曲の構成を理解し、アイディアを得ることは、優れた楽曲を生み出す近道となります。楽曲の解析能力に優れたrekordbox 6は、このような場合にとても役立ちます。

rekordbox 6に楽曲(オーディオファイル)をロードすると、自動で解析が開始され、BPM(画像青枠部)、KEY(画像黄枠部)などが検出されます。さらに波形(画像赤枠部)は、低域、中域、高域の3つの帯域が色別で表示されるので、楽曲の構成に加えて、音域成分も理解することができます。

EXPORTモードでの楽曲解析

 

rekordbox 6で、リファレンスとなる楽曲の構成を紐解き、オリジナル制作のヒントとして活用してみてはいかがでしょうか。


 

サンプラーを演奏してドラムパターンを作る

DAWでドラムパターンを制作する場合に用いられるパッドコントローラー。打楽器のように演奏できるパッドコントローラーは、音の抑揚や発音タイミングなどを自在に表現でき、グルーヴ感あふれるドラムパターンを作り出すことが可能です。

最大64個のサンプルをアサインして、リアルタイムに演奏できるサンプラーを装備したrekordbox 6には、パッドを搭載したDJコントローラーがラインナップされており、それらを組み合わせることで、手軽にドラムの制作環境を構築できます。

ここでは、DJコントローラーのエントリーモデルとして人気のDDJ-400を使用して、ドラムパターンを作成する方法を紹介します。

まず初めに、rekordbox 6のブラウザでお好みのドラムサンプルを検索して、サンプラースロット(画像赤枠部)へインポートします。

左側の8つのサンプラースロットへサンプルをロードした状態

次に、DDJ-400のPAD MODEボタンで、”SAMPLER”を選択します。パフォーマンスパッドがサンプラーモードに切り替わり、パッドを叩いてサンプルを演奏できます。

DDJ-400のSAMPLERボタン

rekordbox 6のサンプラーでは、詳細な設定が可能です。次の操作を参照して、シーケンス録音の準備を行ってください。

シーケンススロットでシーケンスを録音するパターンを選択 *最大8パターンの録音が可能

パターンの長さを設定 *1Bar/4 Bars/8Barsから選択可能

BPMを調整

メトロノームをオン

シーケンス録音ボタンを押して録音待機状態にセット

シーケンス録音の準備手順

以上で準備は完了です。録音待機状態では、音声が入力されると録音が開始されます。パッド叩いてドラムパターンを作成してください。サンプラーでは、シーケンスのオーバーダビングや、ERASE機能による任意のサンプルの消去も可能です。従って、納得のいくドラムパターンが出来上がるまで、シーケンスを止めずに作業することができます。

作成したドラムパターンを保存する場合は、シーケンスSAVEボタン(画像赤枠部)を押してください。ミュージック > Pioneer DJ > Sampler > Captureフォルダ内に保存されます。作成したドラムパターンをDAWに貼り付けて、ドラムトラックを完成させてください。

作成したシーケンスの保存場所

DDJ-400については、こちらの特集ページ で詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてください。

DJ機器のトップメーカーPioneer DJでは、rekordbox 6専用のDJコントローラーを多数ラインナップしています。例えば、DJ中級者向けのDDJ-FLX6には、DDJ-400よりも大きめのパフォーマンスパッドが搭載されており、レスポンスも優れています。よりセンシティブにドラムパターンを作成したいという方には、DDJ-FLX6もおすすめです。


 

DJエフェクトでクリエイティブなフレーズを生み出す

rekordbox 6には、操作性に優れた、クリエイティブなエフェクトが豊富に搭載されています。一般的なエフェクトでは得られない特殊な効果を生み出すDJエフェクトは、楽曲制作にも活用できます。例えば、DAWで録音したカッティングギターのフレーズに、rekordbox 6のエフェクトを加えて、新たなサウンドを作り出すことも可能です。

このような場合、ビートFXを使用します。rekordbox 6のプレーヤーにギターのフレーズをロードして、ビートFX(画像赤枠部)でお好みのエフェクトをアサインします。ここでは、特殊なディレイ効果が得られる「MT DELAY」を選択してみます。

ビートFXのスロット1に”MT DELAY”をアサインした状態

ギターフレーズのように、尺が短い音源を再生する場合は、ループ機能がおすすめです。ループを使うと、任意の場所を繰り返し再生できるので、エフェクトの効果を試しながら、録音することも可能です。ここでは、4小節の長さでループされるように設定します。

ループを設定した状態

録音には、レコーダー(画像赤枠部)を使用します。レコーダーをオンにして、録音待機状態にセットします。

録音パネル表示ボタンをオンにしてレコーダーを表示させた状態

音声が入力されると、録音が開始されます。再生ボタン(画像赤枠部)をクリックして録音がスタートしたら、ビートFXをオン(画像黄枠部)にして、エフェクトを加えます。パラメーター(画像緑枠部)をコントロールすると、エフェクトの効果が可変します。

ビートFXスロット1のパラメーター

納得のいく録音ができたら、レコーダーを停止します。停止すると、オーディオの保存メニューが表示されるので、必要な項目を入力して、OKを押してください。

レコーダーの保存メニュー

録音したオーディオファイルは、録音フォルダに保存されます。作成したフレーズをDAWに貼り付けて、編集してください。

録音したオーディオファイルの保存場所

直感的な操作が求められるエフェクトには、コントローラーが欠かせません。ビートFX専用のコントロールセクションを装備したDDJ-400を使用すると、よりセンシティブなコントロールが可能になり、ビートFXのポテンシャルをフルに引き出すことができます。

DDJ-400のビートFXセクション

また、DDJ-FLX6には、ビートFXのスロットを選択するFX SELECTボタンと、チャンネルを選択するCH SELECTボタンが搭載されており、ビートFXのすべてのパラメーターをコントロールできます。

DDJ-FLX6のビートFXセクション

DDJ-FLX6には、独自のエフェクト「MERGE FX」が装備されており、ビートFXとは異なる効果が得られます。DDJ-FLX6の機能について詳しく知りたい方は、こちらの特集ページ をご覧ください。


 

EDITモードでドラムパターンをアレンジする

拍位置やフレーズの検出能力に優れたrekordbox 6には、楽曲を拍単位で編集して、新たな構成を作り出すEDITモード(画像赤枠部)が搭載されています。この機能を使用すると、例えば、オリジナルのドラムパターンを組み替えて、新たなパターンを手軽に作成することができます。

ここでは、サンプラーの章で作成したドラムパターンを使用して、新たなパターンを作成する方法を紹介したいと思います。

ブラウザからドラムパターンをロードした状態

1小節目の1拍目のキックを、2拍目から4拍目にコピぺして、1小節目のパターンを四つ打ちに変更します。コピー元となる1小節目の1拍目の波形上(画像矢印部)をクリックして、BEAT SELECTメニューで「1」(画像赤枠部)を選択します。範囲を選択したら、COPYボタン(画像黄枠部)をクリックして、コピーします。

ドラムパターンからコピー元を選択

次にペースト先を選択します。1小節目の2拍目の波形上をクリックして、PASTEボタン(画像赤枠部)をクリックします。同様の操作を繰り返して、1小節目のパターンを、四つ打ちに変更します。

編集後のドラムパターン

プロジェクトの保存ボタン(画像赤枠部)をクリックすると、プロジェクトとして保存されます。また、オーディオファイル書き出しボタン(画像黄枠部)をクリックすると、オーディオファイルとして書き出すことができます。

オーディオファイルの書き出し画面

EDITモードでは、コピー&ペーストの他にも、選択範囲の複製や削除なども行えます。手軽にパターンをアレンジできるEDITモードは、楽曲構成のスケッチを描く場合にも最適です。


 

DAWと同期して即興でフレーズを作る

「Ableton LINK」対応のrekordbox 6は、Ableton Liveのテンポやタイミングに合わせて、再生することができます。この機能を使用すると、rekordbox 6でアレンジしたドラムパターンをバックトラックに、Ableton LIVEでギターを録音することも可能です。

Ableton LINKは、PERFORMANCEモード(画像赤枠部)で使用できます。ドラムパターンをロード(*尺が短い場合はループを使用)して、Ableton LINK(画像黄枠部)をオンにします。Ableton LINKをオンにすると、BEAT SYNCボタンがLINKボタンに変わります。LINKボタン(画像緑枠部)を押して、Ableton LIVEのBPMに同期するように設定してください。

Ableton LINKの設定メニュー

Ableton LIVEを起動して、Ableton LINK(画像赤枠部)をオンにします。録音の準備が整ったら、プレイボタンを押して再生を開始します。

Ableton Live

続いて、rekordbox 6の再生も開始しましょう。この状態で、Ableton LIVEのBPMを変更すると、rekordbox 6のBPMもシンクして変更します。

テンポを変えながら演奏する場合、マスターテンポ(画像赤枠部)の使用をおすすめします。マスターテンポを使用すると、テンポを変更しても音程は変わらないので、音楽性を保ちながら、演奏することができます。

マスターテンポ

Ableton LINKの設定が完了したら、ドラムパターンに合わせてギターを演奏し、Ableton LIVEへ録音してください。

ギタリスト/ベーシスト/ドラマー/キーボーディスト/etc…/全てのミュージシャンにおすすめ!rekordbox 6で表現の新たな扉を開きましょう!

音楽のジャンルレス化が進む現代において、ミュージシャンがDJを行うことは、珍しいことではありません。例えば、Radioheadのトム・ヨークは、ソロでダンスミュージックのプロデューサーとコラボした作品を多数リリースしており、DJとしての活動も有名です。

このようにDJは、バンド活動とは別に、ソロで活動するミュージシャンの表現方法のひとつとして、世界中で認知されています。rekordbox 6を手にした暁には、DJも楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 


 

Pioneer DJ/DJコントローラー・プレゼントキャンペーンのお知らせ

※キャンペーンは終了となりました。ご応募ありがとうござました

フォロー&リツイートで、Pioneer DJの人気DJコントローラー「DDJ-400」「DDJ-400-N」「DDJ-200」が各1名様に当たる!
■ 応募期間
2021年6月22日(火)~6月28日(月)23:59

■ 応募条件
キャンペーン期間中に、Power DJ’s渋谷のTwitterアカウント(@IKEBE_PowerDJs)をフォローのうえ、キャンペーン対象の投稿をリツイート

■ 抽選・発表
2021年7月上旬(予定)

応募期間後に厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。

(1)当選通知
本キャンペーンの抽選結果は、2021年7月上旬頃、当選者に対して公式アカウントからメッセージ機能にてご連絡いたします。

(2)当選後の手続き
当選のダイレクトメッセージに記載されているメールアドレスに必要事項を入力の上送信していただきます。入力情報にもとづき、賞品発送とさせていただきます。当選後、入力期間内に手続を完了いただけない場合には、当選が無効となりますのでご注意ください。

■ 注意事項
・賞品はお選びいただけません。あらかじめご了承ください。
・当選者がTwitterでメッセージを受け取ることができない状態であると判断される場合、当選を無効とさせていただくことがあります。
・非公開設定をされているTwitterアカウントは対象外となります。
・Power DJ’s渋谷のTwitterアカウント(@IKEBE_PowerDJs)のフォローを解除するなどの理由でダイレクトメッセージでのご連絡ができなくなりますと当選の権利は失効となります。
・キャンペーン対象ツイート以外のリツイートは対象外となります。
・当選の権利を第三者へ譲渡・換金することはできません。
・当選のご連絡からのご返信期間は7日間とさせていただきます。この期間にご連絡が取れない場合当選の権利は失効となります。
・賞品のお届け先は日本国内のみとなります。
・賞品の発送はご返信いただきましてから1週間から10日後を目安として予定しています。
・賞品の発送は諸事情により遅れる場合がございます。
・お客様の長期ご不在等により賞品をお受け取りいただけない場合、当選を無効にさせていただきます。
・賞品の仕様は予告なく変わる可能性がございます。
・ご当選された賞品は返品・交換できません。
・本キャンペーン内での重複当選は無効とし、1当選分のみに賞品発送とさせていただきます。
・賞品発送取り消しとなった当選分につきましては、無効連絡を行っておりませんので、あらかじめご了承ください。
・本キャンペーンはTwitterが支援、承認、運営、関与するものではありません。
・ご当選時の住所の入力ミスや住所変更につきご連絡がない等の事由により賞品が届かない場合、当選を取り消させていただく場合がございます。その他、ご応募に関して不正な行為があった場合、当選を取り消させていただく場合がございます。
・メールソフトなどの設定により、弊社からのメールが迷惑メールとして振り分けられたり、メールが削除される場合がございます。ドメイン指定受信など、迷惑メール防止機能をお使いの方は、お申し込み前にあらかじめ「@ikebe.co.jp」ドメインからメールを受信できるように設定をお願いいたします。
・本キャンペーンへの参加は、応募者自らの判断と責任において行うものとし、応募に際して応募者に何らかの損害が生じた場合、当社の故意または重過失に起因するものを除きその責任を一切負いません。
・主催者側(株式会社池部楽器店)は、登録・応募に伴う使用機器の損傷、通信における障害、損傷及び応募時の不具合等についての責任は一切負いかねます。
・株式会社池部楽器店及び関係者は応募できません。
・通信費用はお客さま負担となります。

【個人情報の取り扱いについて】
記載いただいた個人情報については、管理責任者を定めて不正アクセスや紛失、漏洩等が発生しないよう安全対策を積極的に実施します。また、いただいた個人情報については、今キャンペーンに関する用途である賞品の発送、当選者への諸連絡、重複当選の有無確認以外には使用せず、第三者には提供致しません。詳細につきましては「プライバシーポリシー」をご参照ください。
https://www.ikebe-gakki.com/user-guide/privacy-policy.html


 

お問い合わせ

株式会社池部楽器店 パワーDJ’s 渋谷

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-2 第3富士商事ビル 3F
営業時間 11:00~20:00
Tel : 03-3496-6988 / Mail : power_djs@ikebe.co.jp
Twitter : https://twitter.com/ikebe_powerdjs
Instagram : https://www.instagram.com/power_djs/
Facebook : https://www.facebook.com/ikebePowerDJs

※公式SNSへのメッセージ機能によるお問い合わせはお受けできません。

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
【DDJ-1000SRT-W |イケベ楽器店】
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP