完全初心者からバリバリ現役DJまで!誰にでもオススメな”超定番”DJコントローラー、Pioneer DJ DDJ-400の魅力とは?

2018年の発売以降、
常に圧倒的な人気を誇るDJコントローラー。

Pioneer DJ DDJ-400

DJ初心者から現役DJまで、幅広い層から支持されている”超定番”のDJコントローラーです。
よく知らないけれど名前は知っている、という方も少なくはないのでしょうか。超定番ですからね。

DJ機材に限らず、定番には定番たる理由があります。それはつまり、たくさんの人を惹きつけるだけの魅力があるということです。もちろん「DDJ-400」も例外ではありません。

今回は”超定番”DJコントローラー「DDJ-400」の魅力について様々な角度から改めてご紹介していきます!

 

”超定番”DJコントローラー「DDJ-400」の魅力

 

DDJ-400にはたくさんの魅力がありますが、中でも注目したいポイントがあります。それがこの3つ。

1.初心者でも安心

2.優れたコストパフォーマンス

3.「現場」を見据えたデザイン

それぞれのポイントについて詳しく解説をしていきましょう。

 

初心者でも安心

DDJ-400には初心者の方でも楽しくDJプレイを始められるように様々な工夫がされています。
その最たるものが「チュートリアル機能」です。

チュートリアル機能は、DDJ-400対応のPCDJソフト「rekordbox」に搭載されている機能です。
rekordboxを立ち上げたPCにDDJ-400を接続すると、自動的にチュートリアルのウィンドウが出てきます。

このチュートリアルはコントローラーの操作と連動しており、チュートリアル画面の説明通りにコントローラーを操作することで、DJ機材の使用方法やDJプレイの基礎を自然に身に付けることができます。

まったくの初心者であっても、コントローラーの使用方法が分からずに諦めてしまうといった悲しい事態に陥ることはないでしょう。

 

コントローラー本体のデザインにも初心者に優しいポイントがあります。

DDJ-400はDJコントローラーの中では下位のモデルにあたりますが、それは単純に機能が劣っているという意味ではありません。

応用的な機能はあえて多く搭載せず、DJプレイをする上で特に重要となる基本の機能がフォーカスされているため、初心者にとっては、シンプルでわかりやすく、親しみやすいデザインになっているのです。

「趣味で少しおうちDJを始めてみる」という方には、DJプレイを楽しむための必要最低限以上の機能が備わっていますし、「人前でのDJプレイが目標」という方にとっても、重要となる基本のDJスキルを集中して効率よく練習することができるDJコントローラーになっています。

また、全くの初心者の方以外にも、「久しぶりにDJを再開したいけどデジタルDJは難しそう、機材の使い方を覚えているか不安」といった方にもおすすめです。

 

優れたコストパフォーマンス

DDJ-400の販売価格は税込み33,000円です。(2022年3月現在)

この金額をどう感じるかは人それぞれだと思いますが、少なくともDJコントローラーというジャンルで考えると、比較的安い金額の製品となります。

そして、安いながらも機能面は適度に充実しており、金額と性能を総合的に考えると非常にコストパフォーマンスの良い製品と言えます。

DJコントローラーは基本的に上位モデルになればなるほど機能が充実していきますので、上位モデルになるほど使い勝手が良くなるのは間違いない……のですが、DDJ‐400に関しては、DJをする上で特に重要な、ほぼ必須となるような機能にフォーカスしてデザインされているため、下位モデルながら非常に使い勝手が良いのです。

よっぽどクリエイティブでエキセントリックなDJプレイをしようと思わない限り、コントローラー側で操作できる機能の少なさを嘆くことはあまりないでしょう。

また、DDJ-400を使用する場合はrekordboxのDJプレイ機能(Performanceモード)を無料で使用可能ですので、ソフトウェア代について心配する必要もありません。

いきなり高価な機材を買うことに抵抗のある初心者の方にはもちろん、低価格かつ機能がある程度充実したサブ機材を探している現役DJにもおすすめのDJコントローラーとなっています。

 

「現場」を見据えたデザイン

DDJ‐400を語る上で外せないキーワードの1つに「現場」というものがあります。「現場」とは、主にクラブやバー、パーティー会場など、人前でのDJを行う場面の事です。DDJ-400はこの「現場」という視点から見て、非常に大きなメリットのある製品となっています。

まず注目すべきはコントローラー本体のレイアウトです。

現在、多くの「現場」ではPioneer DJ製のDJミキサー、CDJ(CDプレイヤー)が設置されていますが、DDJ-400はその「現場」での定番のセットをベースにしたレイアウトになっています。

普段からDDJ-400で練習しておけば、実際にDJブースに立つ機会があっても、そこに設置されている機材は練習で慣れ親しんだコントローラーと同じようなレイアウトになっていますから、ある程度安心してDJプレイができるでしょう。

また、DDJ-400で練習をする場合、練習用と現場用で共通の楽曲データを使用できるので、楽曲管理の手間が省けてとても便利です。練習をした際に解析した楽曲のデータやプレイリストは、rekordboxのEXPORT機能によりUSBメモリ等に書き出すことができます。データを書き出したUSBメモリは、数多くの「現場」に設置されているCDJに差し込んで使用することができます。

DDJ-400で練習をしておくと「現場」で何かと役に立つことが多いので、いつか人前で、「現場」でDJをするという目標がある方に、自信を持っておすすめできるDJコントローラーです。

もちろん、特に「現場」でのDJをする予定はない、という方も多いかとは思いますが、人生は何が起こるかわかりません。「もしも」の時でも対応しやすいというのが、DDJ-400の大きな魅力です。

クラブスタンダードのレイアウトかつ、使用する楽曲データが現場と共通となりますので、現場でのDJに向けた練習や楽曲の仕込みとは相性が抜群です。サブ機材、家庭用の機材として、現役DJの方にも非常におすすめです。

 

他にも、こんな魅力もあります。

・プラグアンドプレイに対応

PCからの電源供給で動くので、DDJ-400用に電源を用意する必要がありません。

・可搬性◎

本体の重量は2kgと軽量です。また、本体の左右には設置の際に便利なハンドルスペースが用意されています。

・DJアプリにも対応

Algoriddim社製のDJアプリ「djay for iOS」に正式対応。別売のアダプターを用意すればDJアプリのコントローラーとして使うこともできます。

 

Power DJ’s渋谷店ではDDJ-400を展示中!実際に触って操作感をお試しいただけます。

 

いかがでしたでしょうか。DDJ-400が”超定番”のDJコントローラーとして、たくさんのDJから愛されているのには、しっかりとした理由があるんです。

機能とデザインが洗練されており、コストパフォーマンスに優れ、一歩進んだ現場でのDJまで見据えている。

まさに優等生という言葉がふさわしいDJコントローラーですね。

 

初心者の方特に右も左もわからない方には、とりあえずで買う機材としてはこれ以上ないほどにおすすめです。無駄な買い物にはならないでしょう。

現役DJの方には、練習用、仕込み用の機材として申し分ない性能があります。現場でのDJをより良いものにするためのツールとして、ぜひともご検討頂きたいです。

“超定番”コントローラーDDJ-400はDJのキャリアに関わらず、様々な方におすすめできるDJコントローラーです。是非ご検討ください!

 

Pioneer DJ DDJ-400 【今なら選べる特典付き!】【rekordbox djライセンス付属】【DJ初心者向け教則動画プレゼント】【チュートリアル機能搭載】【djay接続ガイド付】

 

Pioneer DJ DDJ-400 初心者向け音質重視の6点セット

 


 

お問い合わせ

株式会社池部楽器店 パワーDJ’s 渋谷

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-2 第3富士商事ビル 3F
営業時間 11:00~20:00
Tel : 03-3496-6988 / Mail : power_djs@ikebe.co.jp
Twitter : https://twitter.com/ikebe_powerdjs
Instagram : https://www.instagram.com/power_djs/
Facebook : https://www.facebook.com/ikebePowerDJs

※公式SNSへのメッセージ機能によるお問い合わせはお受けできません。

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP