【初心者から始める!ボタン式アコーディオンスタッフチャレンジ Vol.5】

アコーディオンブログ こんにちは!鍵盤堂 佐藤です。

みなさまゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?😊

当店はゴールデンウィーク期間中も毎日営業しております!

お出かけの際はぜひお立ち寄り下さい♪

 

さて、アコーディオン練習の成長具合はと言うと、

前回のブログと動画でご紹介した『左手の交互ベース』が練習曲でも登場する機会が増えてきて、

曲をスムーズに演奏できる様にするために、ベースボタン同士の距離感に慣れる練習をしています。 しかし左手のベースボタンだけに気を取られていてはいられません。

右手のメロディーにも表情をつけ、よりその曲を表現できる様に練習しています。

ベースに気を取られてしまい、メロディーがのっぺらぼうの様に表情のない演奏になってしまうので 一度にいろいろなことを考えながら演奏できる様にならなければ・・・!

と練習に打ち込んでおります。

そして、毎月自分で動画を撮り、見ると気づくことも大変多く、演奏しているときの癖なども見えてきました。

客観的に自分の演奏を見ることで、どの部分が成長したか、改善点はどこなのかはっきり分かるように思います。

 

最近は練習曲だけでなく、自分の好きな曲を弾く様にもしています。

好きな曲を弾くことによって、練習の息抜きにもなり、普段の練習曲と同じ事を反復的に練習することもできて効果を感じています。

自分がどれだけ楽しく練習できるか、これが日々の練習を継続させるかなり重要なポイントになると思いました。

これはアコーディオンに限らず、その他の楽器の練習にも言えることですよね!

 

さて、今回は『聖者の行進(When The Saints Go Marching)』を演奏しました。

 

 

この曲は元々は黒人霊歌とされて演奏されていた様です。

ベースの動きが前回の曲より難しくなっています。

しかし、この技術が向上していけばもっとベースに動きが出るようになるので

伴奏パターンも今よりも増えますね!

色々な曲を弾けるようになりたいので基礎練習もしっかりやりながら練習を楽しみたいです!

今回もお読み頂きありがとうございます★

次回もまたよろしくお願いします!

バックナンバーはこちらからお読み頂けます。

 

 

おすすめ厳選情報はこちら>>

MDR-CD900ST後継機!SONY次世代スタジオ・モニターヘッドホン『SONY / MDR-M1ST』登場!
SHUREマイクロホン製品ラインナップ
SHURE Bluetoothワイヤレスイヤホン【数量限定モバイルバッテリープレゼント】キャンペーン
【DJをすぐに始めたい人へ!!予算5万、10万、20万でプロが提案するオススメDJ機材セット 】
DTMソフトウェア・アカデミック版!!
お部屋のサイズにあわせた簡単設置の高性能調音パネルキット『Primacoustic London Room Kit』
PCで音楽するなら必需品!イケベは『KOMPLETE 12』シリーズを大プッシュします!
Manley社創業30周年記念!珠玉の2chチューブマイクロフォンプリアンプ Dual Mono Microphone Preamplifier 30th Anniversary Edition
[Vicoustic]美と性能を兼ね備えた調音パネルの名門ブランド
電子ピアノコレクション
本場の魅力!イタリア製アコーディオンのススメ!
Oktava - 伝統の“技”が継承された良質マイク。 from ロシア
【初心者のお悩みをズバッと解決! お手軽にDJをスタートできるDJコントローラーPioneer DJ DDJ-400!】
まだまだあります!読んでおきたいおすすめ情報&スペシャル・コンテンツ集はこちらから!

おすすめ記事はこちら>>

PAGE TOP